土と生きるー岡山ゆかりの現代作家ーへ

土と生きるー岡山ゆかりの現代作家ーへ行ってきました。

先日の定休日に備前焼ミュージアムで開催中の展示会へ行ってきました。

土と生きるー岡山ゆかりの現代作家ー

出品作家:天羽羽衣 阿波夏紀 市川透 江口葉菜子 加藤直樹 金重潤平 小出尚永 小橋順明 三浦義広

2018/4/26より7/1まで

備前市立備前焼ミュージアム

備前焼作家というくくりではなく、

岡山県ゆかりの

土を素材とした作家さんを選んでいます。

普段の備前焼ミュージアムとはちがった

アートな雰囲気が漂っており、とても興味深かったです。

土という素材の可能性、

備前焼にもまだまだ無限の表現方法があるんだろうな、

と感じることができました。

道具や素材にスポットを当てているのも

見ていて楽しかったです。

もちろん今回の展示会では

備前焼作家の作品も含まれていますし、

ミュージアム内の常設展示で

備前焼歴代の人間国宝の作品や名工の作品なども見ることができます。

お時間のある方、

ご興味のある方はぜひ。