備前細工物秀作図録

以前から狙っていた備前焼の本

夏季休暇中にやっと購入することができました。

備前細工物の秀作を集めた図録で

掲載されている細工物はさすがの作品ばかり。

元値はなかなかの高額で手が出せなかったのですが

古本屋さんに安く流れているとの情報で。

備前の土は細工物に向いていて、

獅子や龍、恵比寿大黒、鳥など

素晴らしい細工物が現代に数多く残っています。

特に

江戸期から昭和初期にかけての作品は

細工が素晴らしく

名工も多数いらっしゃいます。

備前焼初の人間国宝、金重陶陽先生も

最初はでこ師と呼ばれる細工物を作る陶工として有名になります。

この頃に活躍された名工が作る細工物は

技術レベルが高く

表情に愛嬌や凄み

まるで魂が宿っているような細工物に仕上がっています。

作られて100年くらい経過した今でも

古臭い感じはなく

自然に受け入れられるものが多いような気がします。

何年たっても評価される細工物、

私もそんな素晴らしい備前の細工物を扱えるように

勉強して行きたいと思います。