蝋梅

一輪花入 細川敬弘 -蝋梅を-

お正月に不規則な生活をしたからか

怠さが抜けず、なかなか体調が元通りに戻りませんね。

朝の散歩をずっとサボったのが良くなかったのかもしれません。

さて、庭の蝋梅が見ごろをむかえました。

早速、備前焼へ。

細川敬弘作、一輪花入

細身ですこし小ぶりな花入れです。

小さなお花を一輪、

もうそれだけで充分なんです。

技術とか

見た目とか

関係なくただ花を挿すだけ。

普段の生活に

気軽に取り入れやすい花入れですよ。

備前の花入れは

重厚で大ぶりなものが多いんで、

この様な繊細な花入れに惹かれます。

そんなにたくさん一度に花も咲きませんし、

これくらいのサイズが普段使いにはちょうどいいですね。

造形はシンプルで

持ち手がアクセントとなり、

和洋問わずいけると思います。

新年早々、

清々しい気持ちで

花を生けるのもいいもんですね。

ただ挿しただけですが・・(笑)