杜鵑草

いよいよ明日から渡邊琢磨さんのネット個展が始まります。

どうぞ、ご期待くださいませ。

さて、

杜鵑草が咲きました。

細川敬弘作、鎬花入へ。

胡麻の景色にしのぎのゴツゴツとした造形

徳利にも使える花入れ、

野の花を一輪

それだけで十分です。

備前の花入れは

花が長持ちすると言われています。

水が腐りにくく

綺麗な状態が保てるためです。

備前焼に入れていると

まったく水が腐らないというわけではないので

どうぞ誤解の無いように。

備前焼と杜鵑草、

秋の気配を感じられる

素朴な取り合わせとなりました。

やっぱり秋は備前焼のベストシーズンですね。