栗入り茶巾絞り

細川敬弘 リム皿 ー栗入り茶巾絞りをのせてー

曇り空の岡山でございます。

夕方からは雨の予報、

冷え込みも厳しくなってきましたね。

美味しそうな和菓子をいただきました。

ありがとうございます。

栗入り茶巾絞りの和菓子、

細川敬弘作、リム皿へ。

まだら模様の土味で素朴な風合いのうつわです。

景色を極力つけず、

土の質感がダイレクトに伝わる仕上がりとなっています。

シンプルな中に土の温かみを感じる

素敵なうつわですよ。

・・・

今日の言葉【まだら土】

備前焼の表現方法として定着したまだら土。

作家ごとに技法として確立していて、

いろんな土の表情が作品として表現されています。

技法的には大まかに分けると2種類あります。

ひとつは粘土が堆積した状態を保ったままで形成するもの。

鉄分の多い部分や少ない部分を精製せずに、

土そのままに土づくりを行い形にする方法です。

土の自然な風合いを狙って表現する場合によく使われます。

もうひとつは成分の異なる2種類以上の土を

混ぜ込んでまだら模様に表現したもの。

取れる地域によって土の発色は微妙に違うので

粘土にする際に綺麗に精製しなければまだらの土色に発色します。

作為的なものを狙って表現する場合に適していますが、

土の精製具合や調合具合をコントロールすることで

見た目には分からない物もあります。

どちらにしても粘土としては

均一に精製されていない状態で形成されるので、

焼いた時に土の質感がダイレクトに表れます。

性質上どうしても亀裂が生じたりするので、

うつわとして扱いにくい印象がありますが

それに見合うだけの焼き締めの面白さを教えてくれる

魅力ある技法だと思います。

機械がございましたら、

ぜひ一度まだら土の備前焼をお試しくださいませ。