備前蹲壺と小菊

多久守 蹲壺

 

今日はお客様より送っていただいた備前焼の画像のご紹介です。

ありがとうございます。

 

多久守作の蹲壺に小菊を。

 

落ち着いた印象の蹲壺。

荒々しい灰被りのように見えますが、マットな胡麻の景色です。

 

重厚感のある造形に落ち着いた胡麻の景色で

小ぶりながら非常に存在感があります。

 

小菊の繊細さと焼き締め陶の雰囲気が

冬の訪れを感じさせてくれる素敵な取り合わせですね。

 

岡山の紅葉も見頃を迎え、

朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

 

だんだんと冬が近づいてきています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました