個展#4

細川敬弘ネット個展、いよいよ後半戦となりました。

たくさんの方にご高覧いただきまして、本当にありがとうございます。

個展作品#4と木香薔薇。

緋襷の蕪徳利花入になります。

先日ご紹介した擂鉢と同様に柔らかい土の質感。

よく見ると、こちらは土がまだら模様になっています。

柔らかい質感の作品に共通するのは、濡らすと激変すること。

吸水性があるので、隠れていた土の色合いがより鮮明に浮き上がってきます。

使っていく事で浮き上がりが徐々に保たれていき、やがて味に変わっていきます。

備前焼を育てる楽しみは、柔らかい質感のものが分かりやすくておすすめです。

初めてご購入される場合は、この手の作品から入られるといいですね。

造形も紐造りによる素朴な印象。

緋襷はややオレンジがかった明るい上がり。

今は全体的に明るい印象ですが、

しっとりと育っていくと、もっと落ち着いてくると思います。

細川敬弘ネット個展【陶片に倣う】は、5月7日(日)23時まで。

この機会にぜひご高覧くださいませ。