閑谷の工房へ、高力さんの窯場に行ってきました

閑谷の工房へ、高力さんの窯場に行ってきました

 

昨日の定休日は備前へ、

高力さんの工房へ伺ってまいりました。

 

運転しているとポカポカと暖かく、ドライブ日和でございました。

 

若干の仕入れとお願い事の相談へ。

 

お願い事は快く引き受けてくださったので一安心、

私も頑張って作業したいと思っています。

 

窯場にはすでに次の窯焚きに向けた薪が所狭しと摘まれていました。

 

次回の窯では横くべを多めに行う計画とのことで、

小割の薪がいつもよりもたくさん置いてありました。

 

小割とは窯の横にある狭い焚き口から薪を投入しやすいように、

通常よりも細く割られた薪のことです。

 

 

電気窯にも火が入っていて、数日後には窯出しを行うそう。

 

素朴な土の質感と味わい深い造形の作品が生まれる

窯場の風景を撮影してきましたのでお楽しみください。

 

小割の薪

 

焼き終えた後の部屋

 

棚板と棚板を支える支柱(ツク)

 

牡丹餅の景色を作るためのボタ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました