建部の工房へ、窯出しに行ってきました

多久守さんの工房へ行ってきました。

多久守さんの工房で窯出しがあったと連絡が入り、

備前焼の仕入れへ行ってまいりました。

多久さんの窯場は岡山市の北部にある建部町。

今回は時間の関係で高速を使用、

約1時間ほどで到着しました。

砧花入に紫蘭。

昨日から行われている丸善岡山での作陶展に向けた窯だしで

酒器や花入れがたくさん並べてありました。

今回の窯は全体的に落ち着いた印象で

土の色味がきれいに出ていたような気がします。

個人的には景色がついている作品よりも

土味良い景色が控えめなものに興味を惹かれましたね。

濃厚な自然釉がかかった甕、落ち着いた雰囲気の中に焼き締め陶ならではの風格が漂います。

作陶から業界裏話まで

話に花が咲き、

気が付けば時計も夜の九時をまわっておりました。

今回は普段使いの食器を中心に

作品を選んできましたよ。

こちらに入荷次第

ご紹介してまいりますのでどうぞお楽しみに。