お気に入りのぐい呑み持って行きつけの居酒屋へ、酒徒袋つくりました

酒徒袋 酒呑 中

 

雨模様の岡山です。

気温が上がらず今日は寒いですね。

 

さて、本日より新着商品のご紹介を再開しました。

 

2023年、最初の新着商品は備前焼ではなく酒徒袋。

 

行きつけの居酒屋さんへ、

お気に入りのぐい呑みを入れて持ち歩けるようにと企画して作っております。

 

ひとつひとつ手作りのため、

ちょっとだけサイズが違ったりしますが使用する布や紐にはこだわっております。

 

中には少しですが綿も入れておりますので

若干のクッション性もありますよ。

 

今回、使用したのは綿と麻混合のキャンバス生地。

洗いこまれたような味わい深い風合いの布を選んで見ました。

 

内布は縞模様が美しい遠州綿紬。

 

あまり主張しない落ち着いた飽きの来ない色合いで仕上げています。

 

紐の色は2種類で、ご注文の際に金茶と猩々茶からお選びいただけます。

 

お荷物の補償はございませんが、

全国へお安くお届けできるメール便も選ぶことができますよ。

 

この機会におひとついかがでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました