そば猪口とグァテマラ

今朝は涼しかったですね。

日が昇るといつもの暑さに戻りましたけどね。

さて、暑い日には冷たい珈琲を、

菊井和史作、そば猪口へ。

美味しいアイス珈琲

生き返りますね。

私が以前よりお客様へ

猛烈にプッシュプッシュしている

備前焼のそば猪口。

備前焼のそば猪口で珈琲を出すお店があって、

そば猪口には持ち手が無いんですが

とてもしっくりきていたので、

普段使いで自分で試して再確認。

温かいのも冷たいのも

両方いけて

持った時に手にしっくりと収まり

単純だけど使い勝手の良いかたち、

毎日使っても飽きないし

お客様にお出ししても違和感なし、

料理のうつわとして

お酒のうつわとして

珈琲でも

お茶でも

ジュースでも

そば猪口の可能性は無限大かと。

時代の変化に合わせられる対応力は

まさにレジェンド。

昔、このかたちが生まれた時には

まさかグァテマラの珈琲入れられるなんて

思ってもいなかったでしょうね。