京鹿子

どうやら今晩からはお天気が崩れるようですね。

そろそろ梅雨入りでしょうかね。

さて、梅雨入りを前に競うように花が咲いています。

今日は京鹿子を四方掛花入(細川敬弘作)へ。

綿菓子のようなふわふわとした可愛らしい花、

見た目も涼しげですね。

掛花入は壁に穴を開けたくない住宅事情もあってか、

扱いにくいアイテムになっているようです。

木の柱のある家が減ってますもんね。

個人的には置いて使う花入れよりは風情があって

好きなんですけどね。

さりげなく花を添える心遣いが日本的、

ほっこりとした心地よさが伝わってきますね。

掛花入には繊細な茶花がよく合いますよ。

柱に穴があけられるお家には、

ぜひ掛花入れをどうぞ。