菜種の里

雨が降ったりやんだりですね。

やっと梅雨らしい天気になってきました。

さて、松江土産をいただきました。

ありがとうございます。

松江と言えば美味しい和菓子。

松江藩七代目の藩主、松平不昧公が茶人として有名で

好みの和菓子が今も伝えられております。

不昧公好みの銘菓の一つがこの「菜種の里」。

「若草」と「山川」と並んで、三大銘菓として有名だそうです。

ちょっと季節がずれてますが、

春の菜畑に蝶が舞う様を表現した落雁、

とても上品で美味しいですね。

細川敬弘作、葉皿へ。

素朴な胡麻の景色に葉皿の造形、

黄色の和菓子が映えますね。

不昧公御歌

寿々菜さく 野辺の朝風そよ吹けは とひかう蝶の 袖そかすそふ