美しい見込みの景色を肴に晩酌を愉しむ、備前焼の酒呑

引出酒呑(高力芳照) 火襷酒呑(高力芳照) ぐい呑(細川敬弘)

 

朝方は少し曇っていましたが晴れましたね。

 

さて、毎週土曜日は新着商品のアップ日になります。

 

高力芳照作 引出酒呑 1点

高力芳照作 火襷酒呑 1点

細川敬弘作 ぐい呑 1点

 

今日はぐい呑み3点のご紹介になります。

 

高力さんの酒呑2点は引出と火襷の特徴のある作品。

 

引出は焼成中、作品が高温の状態で窯から引き出して急冷させます。

 

強還元がかかって黒灰色に発色するのが特徴です。

この酒呑はコバルトの影響もあり藍色の発色も見られる印象的な仕上がりとなっています。

 

また、緋襷は還元がかかった茶色い土肌にやや金色の入った朱色の美しい仕上がり。

ふくよかな筒型の造形が魅力的な造形です。

 

細川さんの酒呑はネット個展【陶片に倣う】に出品されていた作品。

大胆な造形に自然釉の荒々しさが加わり、非常にオーラを感じる仕上がりです。

 

 

3点ともに共通するのは見込の景色が美しい事。

 

見どころ充分で日常使いとして晩酌のお供に、

またコレクションとしてもおすすめです。

 

この機会にいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました