銀水引

今日から天気が崩れるようですね。

さて、

店の庭で雑草と化している銀水引が咲きました。

伊勢崎紳作、細掛花入へ。

以前より私がいちおししているこの掛花入、

素朴な景色に細身の造形が楽しめます。

バランスもとりやすく

庭に生えている花を挿すだけで

とても扱いやすいんです。

欠点といえば、

壁にかけるフックを作らないといけないことと

水がすぐに無くなることくらいでしょうか。

お客様にも大変好評で

いつのまにか売り切れになってる、

そんなアイテムです。

黄色の銀水引と

胡麻に桟切の素朴な景色。

秋の気配を感じながら

備前焼を愉しみたいと思います。