香登と伊部の工房へ

香登と伊部の工房へ

先日の定休日は備前へ。

窯出しではなかったのですが、

桐箱を取りに伺ったりといろいろ用事を済ませてきました。

やはりこの暑さ、

作家には相当厳しいようで熱中症に気を付けての作業になります。

香登の工房には精製される前の粘土が干してありました。

粘土を早く乾燥させるにはちょうど良い気候ではありますが、

逆に形成時にはマイナスに働きます。

乾燥が早いと亀裂が生じるので、

粘土を形成する際には発砲スチロールやプラスチックケースに入れて

乾燥具合を制御します。

香登と伊部の工房へ

次は伊部にある作家さんのお宅へ。

窯詰め、窯焚きの情報もちらほらと入ってきました。

今の時期は窯詰めを待つ白地が工房には並んでいます。

どのように色がついて、

どのような景色を身に纏うのか。

白地を見て想像するのも楽しいですね。

焼成すると雰囲気がまったく変わるのも焼き締めの面白いところです。

香登と伊部の工房へ

まだまだ暑い日が続きそうですね。

どうぞ、ご自愛くださいませ。