使うほどに深い味わいに備前土の質感を愉しむ、備前焼の礫注器、注器と碗

礫注器(細川敬弘) 注器(細川敬弘) 碗(細川敬弘)

 

今日も暑くなりましたね。

 

さて、毎週土曜日は新着商品のアップ日。

 

細川さんの注器と碗のご紹介になります。

 

細川敬弘作 礫注器 2点

細川敬弘作 注器 1点

細川敬弘作 碗 1点

 

礫の注器2点は、

自然釉がたっぷりと掛かり礫の土の質感とあわさって

とても魅力的な仕上がりです。

 

個人的にはたまに花入れにも使ってみたいと思う注器です。

 

注器は土の質感が行かされた仕上がり、

肌色に発色した土肌がとても美しいですね。

 

使っていくほどに味わい深く土の表情が変化してくと思われます。

 

最後に碗ですが、

抹茶碗を小さくしたような堂々と風格を漂わせる造形。

 

胴部分には檜垣文が入れられており、より魅力的な仕上がりに。

 

どの作品も上がりよく普段使いにおすすめですよ。

 

この機会にいかがでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました