備前鶴首徳利と椿

多久守作 鶴首徳利

 

本日の備前焼を愉しむはお客様編。

 

いつも素敵な画像を送ってくださるお客様より

椿と備前焼のご紹介になります。

 

口から首にかけてうっすらと胡麻のかかった鶴首。

 

胴から高台にかけて土の表情が愉しめる上がりの徳利です。

 

酒器としてではなく、

一輪挿しとしてお使いいただいています。

 

いろんな場面で見立てて使うのも

備前焼のうつわのたのしみかたのひとつですね。

 

 

備前焼と椿の相性の良さが伝わってくる画像です。

 

いつも素敵な画像をありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました