備前火襷瓢花入 Takahiro Hosokawa -朮-

火襷瓢花入 Takahiro Hosokawa -朮-

 

曇り空の岡山です。

9月に入って涼しくなりましたが、相変わらず天気は良くないですね。

 

さて、朮(おけら)の花が咲きました。

 

あまりなじみのない植物ですが、

春の新芽は山菜として、根っこは生薬として使われるみたいです。

 

毎年、少し桃色がかったアザミに似た花を咲かせてくれるのですが

今年は葉っぱがまだらになってしまいましたね。

 

 

細川さんの瓢花入れへ。

 

濃厚な緋襷の発色に

少し首を傾げた味わい深い瓢の造形。

 

非常に存在感を感じる花入れですよ。

 

地肌が茶色の発色なので

備前焼自体が派手ではなく花入れにはぴったりの焼け上りです。

 

野の花を生けるにはおすすめのあがりですよ。

 

秋が深まってくるこの季節にぴったりのアイテムです。

おひとついかがでしょうか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました