備前皿 -生チョコレート-

皿 Takahiro Hosokawa -生チョコレート-

連休ど真ん中、快晴の岡山です。

さて、ちょっと早いバレンタインデーということで

生チョコレートをいただきました。

ありがとうございます。

早速、備前焼へ

細川敬弘作、皿。

見込みがフラットでケーキやソーサーなどにおすすめのうつわ、

素朴な土味に緋襷が映えますね。

備前焼の茶色とチョコレートの茶色のぶつかり合い、

緋襷の明るい景色に合わせると案外違和感はないですね。

緑を添えると見た目も良い感じですよ。

焼成時に歪みが生じやすい備前焼は

まっすぐなものが結構苦手で、

造形もゆらぎを持たせて歪みをカバーしているものが多いですね。

この手のまっすぐは歪むと売り物にならないので

作家も工夫を凝らしながらの制作になります。

フラットな備前焼は土味がよく分かって愉しめるので

個人的には大好きです。

画像から素朴な土の質感が上手く伝われば良いのですが・・。