倉敷町屋こまち

緋襷皿 Sin Isezaki -倉敷町屋こまち-

この暑さ、なんとかなりませんかね。

ちょっと外で動くだけで汗が吹き出てきます。

さて、

法要の和菓子がたくさん残っていたので

ちょっと備前焼に合わせてみました。

伊勢崎紳作、緋襷皿へ。

六寸弱の使い勝手の良いサイズ、

素朴な土味に濃厚な緋襷が映える素敵なうつわです。

使うほどにしっとりと

素朴な風合いが出てくると思います。

しかし、最近の和菓子は

昔ながらの飾らないパッケージか

雰囲気重視の華やかなパッケージの2極化なんですね。

歴史ある和菓子は

昔ながらのシンプルなパッケージでも通用しますが、

新商品はパッケージで惹きつけないと手に取ってもらえないんでしょうかね。

ただ美味しいだけではたくさんの商品に埋もれてしまい

生き残ることができないんでしょう。

備前焼業界もただよい物を作るだけでなく、

イメージ戦略も必要だと感じます。

特に当店のような歴史の浅い販売店は

もっと時代に合った個性を出していかなければいけませんね。

少しずつですが、

わかくさも変化して行けたらと思います。