ミライノカセキ #42

ミライノカセキ#42、薔薇を挿してみました。注器としても使えます。

かなり過ごしやすくなりましたね。

本日ピックアップしたのは、

ミライノカセキ #42

一輪挿し、注器として使える作品になります。

素朴な桟切の景色で落ち着いた印象、

使うとしっとり感が出てくる焼け上がりですね。

庭に咲いていた真っ赤なつる薔薇を。

ミライノカセキシリーズは

和洋問わず

お使いいただけますよ。

洋の情熱的な赤も

しっかりと受け止めて

引き立ててくれます。

この取り合わせで

和室に置いてみても

違和感はなさそうですね。