令和に向けて、梅の花のかたちが優しい備前焼の鉢

輪花小鉢(近藤正彦)

令和が元号に決まり、

その語源や意味も分かってきましたね。

初春の令月にして、

気淑く風和ぎ、

梅は鏡前の粉を披き、

蘭は珮後の香を薫す。

今、梅の花がピックアップされていますが、

そんな梅の形をしたうつわが今回の新着商品になります。

近藤正彦作 輪花小鉢 3点。

胡麻に緋襷の明るい景色に

小石の混じった荒い土肌。

優しい梅の花の造形が愉しめる小鉢になります。

この機会にいかがでしょうか。

時期的なものなどで桜が注目されがちですが、

私は梅の花の方が風情があって日本的だと感じています。

梅の花も元は中国から渡ってきたらしいですが、

日本の風土に根付いて古くから愛でられている印象を受けます。

個人的には令和という新しい元号が

日本らしくて魅力を感じますね。