艶やかな緋色が愉しめる、備前焼の葉皿

葉皿(細川敬弘)

中国地方も梅雨入りしましたね。

ジメジメして不快指数マックスの岡山です。

さて、毎週水曜日は新着商品のアップ日になります。

細川敬弘作 葉皿 2点。

緋色の発色が美しい葉皿です。

縁もざっくりとした仕上げで

素朴な土の風合いが愉しめるうつわです。

かせ胡麻の下から除く緋色が妖艶な雰囲気で、

濡らすとより色合いのコントラストが浮かび上がります。

裏面は三つ足になっています。

緋色を愉しむにはおすすめのうつわ、

この機会にいかがでしょうか。