蝋梅

備前灰被り小壺 Takahiro Hosokawa -蝋梅-

灰被り小壺 Takahiro Hosokawa -蝋梅-

寒波襲来、大荒れの天気になりました岡山です。

3台のストーブ全開ですが、

室内はまったく暖かくなりません。

さて、今日は庭に咲いている蝋梅を。

細川敬弘作、灰被り小壺へ。

焚き口に近い所に転がされて焼成された備前焼です。

転がされた下の部分には棚板とくっつかないよう間に

貝殻が敷かれます。

この作品でいえば前面にある3か所、

貝跡と呼ばれ見どころのひとつになっています。

背面から貝跡のある前面に胡麻が流れるので

玉ダレと呼ばれる胡麻の表情も見られます。

玉ダレが多すぎると棚板にくっついてしまうので

よい頃合いで焼成を止めなければなりません。

作家は窯全体をコントロールしながら

焼成をやめるタイミングを計っています。

窯の中で灰被りが出る場所は決まっており、

数も少なく貴重な焼け上りです。

花を活けなくても置くだけで存在感のある小壺です。

この機会にいかがでしょうか。