伊部の作家さんと取引、開始します!

伊部の作家さんと取引、開始します!

先日の定休日は備前へ。

ある作家さんの自宅工房へ伺ってきました。

伊部駅から歩いて数分の距離にある古いお家を

自宅兼工房として借りて作陶されています。

伊部へやってきて20年、

伊部という地名にこだわって家を借り窯を築いた人物です。

伊部出身でない若手作家が伊部地区に窯を築くには

揺るぎない信念と根気が必要だったと推測されます。

平成28年、伊部の地に自ら窯を築いて独立、

昨年の7月に4回目の窯焚きを終えられたそうです。

伊部で生きるということ

この作家の最大の魅力は、

伊部で生かされるという運を持ち合わせていること。

遠く北の大地より伊部の地へやってきて、

角打ちで伊部焼という表現に魅せられ、

そして

ひっそりと伊部に根付き、

伊部焼の長い歴史の一部分に自らを刻み込もうと土と向き合う。

作品を通じてその為人を感じていただければと思っています。

どうぞお楽しみに

とても味のある面白い作家さんですので(いい意味での)

どうぞご期待くださいませ。

近いうちに発表させていただきます。

今しばらくお待ちください。