テストピース

塩青のテストピース、原土をそのまま焼成したもの

先日、藤原さんの工房へ伺った際に

塩青のテストピースをひと欠片いただいて帰りました。

まだ練られていないまだら模様の粘土、

塩青の透明釉の下にいろんな色合いが見え隠れしています。

塩窯は小さい窯なのでとても繊細で

土を変えただけでも発色具合が異なり、

ひと窯全部がダメになることもあるそうです。

塩青焼の詳細は下記ページに少し書いてありますのでぜひ参照ください。

先日、伺った際にちょうど塩窯の窯出し中で

作品を並べていた間にこのテストピースは置いてありました。

発色具合の研究材料としてのテストピース、

妙にオーラを感じ

お客様への塩窯の説明や研究材料にと

無理を言って分けてもらいました。

かたく焼き締まっているのですが、

ねっとりとした表情を見せる土味。

身近に転がしておくだけでも

備前焼販売のヒントをもらえそうな気がします。