備前塩青鉢 ー林檎ー

塩青鉢 Kou Fujiwara ー林檎ー

おいしそうなリンゴをいただきました。

ありがとうございます。

とても大きなリンゴ、

食べごたえがありそうです。

藤原康作、塩青鉢へのせて。

木瓜型の鉢の青と

リンゴの赤のコントラストが

とても綺麗ですよね。

塩青焼とは、

ドーム型の小窯を使って焼成される青備前で

食塩を使って還元をかけるのが最大の特徴です。

焼成の最後に食塩を焚き口から投入する事で

窯の内部が還元状態になります。

還元焼成で青色の発色を狙うのは

よくある青備前と同じ原理なのですが、

投入された食塩が気化して作品の表面に付着、

透明の釉薬がかかり滑らかになります。

ドーム型の利点としては塩釉が作品にまんべんなくかかる事、

登り窯のような構造では前面にしか塩釉が付着しません。

塩青の魅力は青灰色の発色の綺麗さと滑らかな手触り、

また緋色の発色も狙えるので青と朱のコントラストの美しさ。

ただひとつ難点は、小窯の為に周りの環境に左右されコントロールが難しく

きれいな発色にあがるのは一握りで数が取れないという事です。

通常の備前焼とは一味違った塩青焼、

そんな貴重な塩青の作品をサイトでもできるだけご紹介できたら

と思っています。